PAGE TOP

ホーム > 代表あいさつ

代表あいさつ

今日、日本は世界有数の長寿国となり、多くの人が「長生き」できるようになりました。その一方で、認知症や脳梗塞等による身体的障がいなどを抱え、介護を必要とする高齢者も増加しています。また、長期化した高齢期を、一人一人が自立して暮らすための“介護予防”を意識した生活も求められています。そのため、介護保険制度等の社会福祉保健サービスが導入され、国を挙げて取り組みが進められています。

その一方で、核家族化・高齢者のみ世帯の増加、生活ニーズの増大・多様化、福祉サービスの効率化等を背景に、高齢者等の心理的・社会的ニーズへの対応は十分とはいえない現状があります。たとえば、一人暮らしの寂しさ、伴侶等の親しい人を亡くした喪失感、心身機能の低下による自己肯定感の低下、近い将来訪れる死への恐れなど、人の生きる意欲や生活の質に影響する課題です。


そこで、想い出を語ることをとおして「自分なりに頑張って生きてきた」ことをふりかえり、これからの生きる力にする「回想法」を、高齢者等へ届けるために、『よこはま回想法倶楽部』を立上げ活動しています。「老いても障がいを抱えても、自分らしく誇りをもって生きられる地域」づくりを目指す運動です。

地域の主役は住民です。あなた自身の終の棲家が安心安全な地域となりますよう、団塊世代等の多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。また、地域の支援関係者の皆様には、住民お一人お一人の心理的・社会的ニーズにも視点を広げ、インフォーマルな社会資源として活用して頂けますようお願い申し上げます。

佐々美弥子

よこはま回想法倶楽部代表
佐々 美弥子(ささ・みやこ)